【空手】 はじめての審査受験を目指す皆さんへ

最初の審査を受験するまでに、準備しておかなければならないことがあります。

稽古内でも繰り返し説明していますので、まず受験者本人が理解してください。

 

小さいお子さんも、理解度を試すため、本人の口から直接聞き取っていただきたいのですが、それが正しく伝わっているかわからないので、保護者用の「答え合わせ」用に手順をまとめておきます。


受験者が よく説明できていない場合は、「稽古中に、先生の説明を聞いてきて。」と話していただき、あくまでも、受験者本人の理解に努めてください。

最低条件として

① はじめてクラスからは受験できません。

② 審査を1回も見学していない方は受験できません。

 

審査は、通常の稽古と違う場所、違う雰囲気で行われるため、いつも通りの実力が出せるとは限りません。

蓮田支部 & 東大宮教室では、審査に確実に合格して頂くため、稽古内で全員の前に立ち、小テストを繰り返し、雰囲気に慣れながら、段階を追って準備していきます。

はじめてクラスは、まだ本格的に空手を始める前の 幼少の子を対象にしたクラスですので、そういったテストは行いません。

したがって、審査受験を希望される方は、基礎クラスへ進級してください。

4歳以上は随時可、4歳以下でも、はじめてクラスで集団の稽古についていけることがわかれば進級できます。

また、審査の雰囲気や流れを理解するため、最低でも1回、一度で理解できない場合は数回の見学をして、当日になってから慌てずに済むように環境を整えてあげてください。

基礎クラスでは、まず

① 稽古に必要なルールやマナーを守れるようになってください。

② 審査のシステムを理解してください。

 

審査会場に入るところから、出るところまでが審査です。

道場の出入りの礼や、体操、立って話を聞いている姿や、座って待っている時の態度も見ています。

また、自分の現在級や、受験級、その級の受験内容等も理解しておいてください。

これから、何をやるのかわからないままで、審査に臨まないようにしてください。

チーム制度

① 上記の条件をクリアしたら、第1チームに入るテストをします。

② 稽古内で数週間ごとに行われるチームテストに合格して、チームを上げていってください(道場内に掲示してあるチーム表参照)。

③ 第3チームに合格すると、最初の受験資格を得られます。

 

テストの時期は、稽古内、ホームページの各週の「稽古内容」で、お知らせしています。

テストの合格基準は、稽古内で説明しています。

また、テストは指導者だけの主観ではなく、全員で共有した基準に則って、クラス全員で評価します。

 

お子さんの現在のチームは、常に把握しておいてください。

審査2~3ヶ月前には、稽古内の連絡とホームページで審査日程が発表されますので、受験希望者は予定を空けておいてください(他の用事や送迎の都合もありますので)。

審査約1ヶ月前から、既に受験資格を取得している方に申込書の配布を開始します。

審査約2週間前から、第3チームの受験希望者は、最終テストを行います。

受験資格を得て申込書を受け取ったら、審査日1週間前までに提出してください(〆切厳守)。

空手・キックボクシング・K-1

蓮田支部管轄道場・教室 一覧