【空手】 「なぜ蓮田の合宿は体験主義なのか?」 ― 合宿特集2

蓮田支部の合宿は、稽古だけでなく観光部分でも、参加者にいろいろな経験を積んでもらう体験主義。


なぜ そうしているかというと・・・


① 普段の稽古ではできないことを経験してもらうチャンスと考えているから。

② 家族とでは経験できないことがあると思うから。

③ 知見を広げ 人間の幅も広げて欲しいから。

せっかく合宿に参加するのですから、たった2日間でも、限界の壁を突破し大きく成長してもらいたいもの。

 

① 普段の稽古ではできないことを経験してもらうチャンスと考えているから。

普段の稽古では、場所・時間・メンバーの制約などでできないことをやる。

日頃の稽古を全力でこなしている子には、もうひとがんばりして、いつもだったらできない経験をして自信につなげてもらいたい。

日頃、サボっていた子には苦痛でしかありませんが、合宿参加を目標とすることで、次の一年の稽古を充実させられるかもしれません。

広い場所で、長時間にわたり、クラスに関係無く一緒に稽古する唯一の機会が「合宿」です。

 

② 家族とでは経験できないことがあると思うから。

例えば、以前、那須高原での合宿では、ゲル(モンゴルの移動式テント)の組立て体験をやりました。

家族4人ではできなくても、団体だからできる経験もあります。

もちろん、親に頼れない状況での生活そのものが重要な経験でもあります。

 

③ 知見を広げ 人間の幅も広げて欲しいから。

合宿では、特に自然体験を重視しています。

また、科学館や体験施設を通して、知的体験をしてもらったこともあります。

家族とは いつもゲームセンターかなという感じの子が、目を輝かせている様子も多々見てきました。

直接、空手には関係無いようですが、多くの経験を積み、多くの刺激を受けて、人間的にも成長している子は、広い意味で「強い」からです。

 

励ましあったり、競いあったりできる「合宿」。

「仲間と一緒だからこそできる経験」もあるのです。

合宿中は、ここ Hasuda通信上でも、合宿中継を 行います。

コメント欄への書き込み大歓迎です。

「家族にしかできない励まし」もありますから。

⇒ 「夏合宿2018

空手・キックボクシング・K-1

空手道超越塾ロゴ
空手 埼玉県
空手見学無料体験
空手道超越塾問合せ
空手道超越塾連絡先

蓮田支部管轄道場・教室 一覧

空手道超越塾蓮田支部アイコン
空手道超越塾東大宮教室アイコン
空手道超越塾岩槻教室アイコン
フルコンファイト登竜門
空手道超越塾携帯サイト
空手道超越塾QRコード