【空手】 進化の過程

空手稽古

サルから人間になる進化の過程図というのがありますが、これは 空手の初心者から上級者に進化する過程とでも言いましょうか。

興味深い写真が撮れたので、今後の稽古中に解説します。

全道場生が見て(全道場生に見せて)おいてください。


ポイントは赤線で示した 上半身の角度と、重心の位置(頭と足の位置関係)です。

基礎クラスのフォームの週に説明していますが、「おなかを締める」と一番手前の選手のようになります。

 

奥側は上半身が起きているので、試合のとき 相手に押し込まれやすいし、おなかが伸びているので 打たれた際に利きやすいです。

真ん中は、前傾していて 攻撃面では力を出しやすいですが、まだ「おなかが締まって」いないため 打たれ弱く、重心が前足にかかりすぎて 蹴られやすくなっています。

いわゆる「かけっこのよーいドン」の体勢です。

で、一番手前は、頭と足の位置関係から 重心が前足に偏りすぎず、かつ、上半身は前傾を保っていて、いい感じ。

「おなかを締める」ことで、この理想のカーブを作れるようになります。

経験値の違いによる フォームの差とも考えられますが、私自身は、フォームが良くなって 結果がついてきていると捉えています。

空手・キックボクシング・K-1

空手道超越塾ロゴ
空手 埼玉県
空手 合宿
空手見学無料体験
空手道超越塾問合せ
空手道超越塾連絡先

蓮田支部管轄道場・教室 一覧

空手道超越塾蓮田支部アイコン
空手道超越塾東大宮教室アイコン
空手道超越塾岩槻教室アイコン
フルコンファイト登竜門
空手道超越塾携帯サイト
空手道超越塾QRコード