【空手】 「守・破・離」

昨日の応用クラスは、組手クラスの新メンバーが揃ったので、いよいよ、回し蹴りをミットに当てるための練習。

ここまで稽古してきた成果と、発展的な技術が融合して、一番差が出てくる段階です。

この技を早く形にした人が、初白星へ向かって大きく前進することでしょう。

そのためには、稽古で説明したとおり、ただ蹴っているだけではなく、その前段階の技術の精度を上げていってください。


空手道に限らず、武道・スポーツ・芸術の分野においても共通する「守破離」という考えがあります。

 

 守:師や流派の教えを忠実に守り、基本の型を身につける段階。

 破:その型を破って、自分なりに応用する段階。

 離:師や流派から離れ、それまでに身につけたものに創意を加え、自分独自のものを確立する段階。

 

黒帯までは「守」に徹し、超越塾の技術を存分に吸収し、そこからは「離」「破」の境地へ進んでください。

「破」るための型がなければ型破りな創造には至らず、ただの「自己流」で終わってしまいます。

まずは、黒帯を目指しましょう!!

どんな分野でも、自分より後から習い始めた、年下の未経験者をまねていたら、グングン上達したなんてことはありませんよね。

特に 基礎クラスは、初心者ばかりで稽古するので、自分より上位にいる人を ”見て学ぶ” 機会を たくさん作ってください。

 

⇒ 「昇級昇段審査会

⇒ 「練習試合

⇒ 「フルコンファイト公式戦」 

空手・キックボクシング・K-1

空手道超越塾ロゴ
空手 埼玉県
空手 合宿
空手見学無料体験
空手道超越塾問合せ
空手道超越塾連絡先

蓮田支部管轄道場・教室 一覧

空手道超越塾蓮田支部アイコン
空手道超越塾東大宮教室アイコン
空手道超越塾岩槻教室アイコン
フルコンファイト登竜門
空手道超越塾携帯サイト
空手道超越塾QRコード